本文へ移動

打敷

↑クリックで寸法表を拡大してご覧いただけます
~御打敷~
須弥檀・前卓・脇卓・座上などを覆う布を称して「打敷」と呼びます。
金襴地のものや刺繍もの、御宗派やご使用場所によっては三角や四角の形があったり様々です。
お仏壇用に関しても然り、その御仏壇に合った寸法や形があります。
諸説ありますが、『菩提場荘厳陀羅尼経』に「是の幢の中に於て師子座あり、閻浮檀金を以て成るところの七宝荘厳なり、種々の天の妙服を以て其の座上に敷く」とあり、仏の座に衆宝の衣を敷くなどしたことが由来だと云われています。
 
~日天大鳳の打敷~
寺院用・仏壇用、夏用・冬用、中三丁・金通・正絹経など金襴製から機械刺繍各宗派紋や手刺繍意匠柄、近年の新商品では都市型家具調仏壇用もラインナップに加え、幅広く対応しております。
よりお飾りし易いオリジナルのお仕立てや、打敷専用の芯を使用するなど、専門メーカーとしての拘りを随所に感じて頂けます。

特殊打敷 ~オールシーズンタイプ/うちっしき~~

株式会社 日天大鳳
────────────────
・金襴、特殊生地、総合卸
・仏具関連、装飾品販売
────────────────
2024年5月



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2024年6月






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





は弊社の都合により休業させて頂きます
休業日のご用件はE-Mail・FAXにて承っております
 
0
7
2
0
1
4
TOPへ戻る